陳 俊龍 著書一覧

秘本 香港紫微斗数教室

※書影をタップするとAmazonへ飛びます

本書について

本書は長年、香港と日本を中心に東アジア全般で個人鑑定から企業コンサルまでを手がけてきた陳俊龍による、本邦初と言える秘伝公開書です。


ベースとなるのは、2019年から2021年に東京で開催された講座となっていますが、そこに著者実践例である鑑定も加筆されています。著者が何十年間もの経験を通し培った紫微斗数に関する知識を基盤として、実際の鑑定で使いやすく的中率の高い技法のみを選りすぐってまとめました。


本書は2つのポイントを目指して書かれました。
1つ目は、香港や台湾の占い師のように、オリジナルの暗記法と左手を使った算出法(掌訣=しょうけつ)だけで、鑑定に必要な命盤を作成できるようにすることです。日本の一般書では表を使って星の配置を導き出しますが、この本では表を使いません。そのため、誰でも気軽に命盤を作成できます。
2つ目は、命盤の持ち主の性情を深く分析するよりも、紫微斗数を使って未来予測ができるようになることです。本流派では、四化星や星同士の特殊な組み合わせ(格局)を重視します。命盤には十四主星と厳選された助星のみを使用し、複雑さを避けて的中率の高い命盤を作ります。


熱意を持って本書の秘伝を繰り返し勉強し、実践で積み重ねることで、初心者であってもプロの鑑定士レベルにまで到達できます。 まさに、紫微斗数の究極の1冊です。

本書の内容

第一章 基本知識
1)暦について
2)陰陽・五行・干支
3)十二支の三合局
4)命盤の十二宮
5)順行(逆行)と順加(逆加)

第二章 命盤の作成方法
1)命盤の紙について
2)依頼者の資料(氏名・出生情報など)の記入
3)寅宮天干の求め方
4)命宮と身宮の求め方
5)他の宮の求め方
6)五行局の求め方
7)大運の年と宮位の求め方
8)紫微星の求め方
9)紫微系星の順番と配置
10)天府星の求め方
11)天府系星の順番と配置
12)禄存星の求め方
13)羊刃星・陀羅星の求め方
14)地劫星・地空星の求め方
15)天馬星の求め方
16)火星・鈴星の求め方
17)文曲星・文昌星の求め方
18)左輔星・右弼星の求め方
19)天魁星・天鉞星の求め方
20)四化星(化禄星・化権星・化科星・化忌星)の求め方
21)命主・身主

第三章 星の説明
1)十四主星
① 紫微
② 天機
③ 太陽
④ 武曲
⑤ 天同
⑥ 廉貞
⑦ 天府
⑧ 太陰
⑨ 貪狼
⑩ 巨門
⑪ 天相
⑫ 天梁
⑬ 七殺
⑭ 破軍
2)助星
八吉星
① 禄存・天馬
② 文曲・文昌
③ 左輔・右弼
④ 天魁・天鉞
六煞星
① 羊刃・陀羅
② 火星・鈴星
③ 地劫・地空
3)四化星
① 化禄
② 化権
③ 化科
④ 化忌

第四章 天盤の看法
1)天盤とは
2)十二宮の意味
3)身宮について
4)身宮による裏命盤の求め方
5)命盤の基本的な看法

第五章 大運の看法
1)大運とは
2)大運の始まる時期
3)大運が起きるまでの運勢の看法
4)大運の切り替わり
5)大運の記入例
6)大運の命宮
7)大運の十二宮
8)大運の星の配置方法

第六章 流年の看法
1)流年とは
2)流年の切り替わり
3)流年の命宮
4)流年の十二宮
5)流年の星の配置方法

第七章 流月の看法
1)流月とは
2)流月の切り替わり
3)流月の命宮
4)流月の十二宮
5)閏月の考え方
6)流月の星の配置方法

第八章 流日の看法
1)流日とは
2)流日の切り替わり
3)流日の命宮
4)流日の十二宮
5)流日の星の配置方法

第九章 流時の看法
1)流時とは
2)流時の切り替わり
3)流時の命宮
4)流時の十二宮
5)流時の星の配置方法

第十章 実例解説
1)命格
2)幼少期の実父の死
3)兄弟の死
4)双子
5)配偶者の死と再婚
6)子女の先天的な健康問題
7)宝くじ
8)仕事運の急展開
9)事業の失敗
10)詐欺被害
11)投獄
12)脳腫瘍
13)交通事故
14)病死(肝臓がん)
15)病死(肝臓がん)
16)病死( 悪性リンパ腫)
17)病死(胃の内出血)
18)病死(脳腫瘍)
19)飛行機事故